GACTについて

MOUNTAIN + SEARCH & RESCUE






山岳遭難捜索救助隊 岳飛(がくと) GACTの趣旨

GACTの活動は、行政、警察、消防など山岳遭難救助関係機関または、技術開発企業や研究所などと協力し、山岳遭難事故を減少させる環境整備と、山岳遭難者が行方不明にならない仕組みづくりを研究開発していきます。
近い将来、我々のような民間の山岳捜索隊などが "不要" になる安全な山岳社会の構築を目指して活動を行ってまいります。



特定商取引法に基づく表記

山岳遭難捜索救助隊 岳飛(がくと) GACT
活動形態:民間の非営利( NPO )任意団体
所在地: 長野県安曇野市穂高有明2186-117(株式会社バックカントリー内 )
連絡先: 0263-31-6878
080-8911-5731(現場での連絡先)
MAIL: gact110@gmail.com
公式サイト: http://www.northernalps.jp
代表者: 太田 毅彦(おおた たけひこ)

メンバー: 日本山岳ガイド協会認定・山岳登山ガイド、
北アルプスや八ヶ岳などの民間救助隊(遭対協)所属の有志の集まり(登録隊員 現在11名)

※現在、山岳救助のトレーニングを受けたプロ山岳ガイドや民間山岳救助隊所属の有志にて協力隊員を増強し
緊急時の敏速な対応ができるように取り組んでおります。



《 技術開発協力・提携企業・団体・地方自治体・研究所 》


COCOHELI捜索 協定・ AUTHENTIC JAPAN(株)
山岳遭難捜索救助 活動支援 ・ (株)バックカントリー


《 山岳捜索を依頼できる可能性のあるヘリコプター運航会社》

東邦航空(株)・松本営業所
朝日航洋(株)
オーセンティック社提携の航空会社
(有)ジャパンフライトサービス
大阪航空 (株)
匠航空(株)
S.G.C.佐賀航空(株)
(有)アドバンスエアー
(株)ノエビア アビエーション






メディアでの情報

朝日新聞 2020.6.19 『安曇野市でドローン捜索の実用化に向けた訓練実施』
abnステーション(ニュース動画)


Contact

GACTの活動にご興味をお持ちいただき、活動内容を知りたいという
企業、行政組織または各団体様からのお問い合わせに対応させていただきます。
また、各メディア様からの取材にも対応させていただきます。

gact110@gmail.com
(担当:太田まで)



活動の3つの目的



1,捜索救助活動


『家族が登山に出掛けて帰ってこない。』警察に捜索願いなどの届けは出したけど
思うように捜索活動が進まない。または捜索が打ち切りになり困っている。
という遭難者や行方不明者のご家族に対して、我々の経験や知識などを最大限に生かした
サポートをさせていただき早期発見から救助救出を目指した活動を行っています。

ご相談(無料)いただければ、山岳救助現場での20年の経験から、山岳遭難に対して
ご家族でできることなど、状況をお聞きしながら、有効だと思われるアドバイスを
させていただきます。





2,山岳遭難防止対策研究


山岳遭難事故の事例をもとに原因を研究し、山岳遭難事故を防止するための対策、情報の発信、
事故防止するための用具の開発、安全登山講習会など山岳遭難事故防止活動を行っています。





3,山岳遭難捜索救助システムの研究


最新のテクノロジー、ソフト開発、AI技術を活用し遭難事故発生時には
遭難者の位置の絞り込みすばやく発見できる仕組み作りを研究し
山岳遭難、災害時の行方不明者の早期発見と救助救出活動に貢献することを
目的に活動しています。

最先端技術の自律制御システムドローンの開発から運用に携わりながら山岳遭難救助の
現場で生かせるよう研究開発を行っています。

現在ラジコンヘリレベルのドローンが本物のロボットとなりAIが山の地形と人間の行動を読み取り
ドローンが考えて危険な岩場や迷い込みそうな谷へ向かい最短で発見できるシステムの構築を目指して
います。

現在、国内の最先端技術を持つ企業数社と研究機関とコミュニケーションをとりながら
各社の目的の実現を目指しています。










捜索活動方法




遭難行方不明になられた現場の状況を視察して最良の方法を検討し、ご家族と相談をしながら
捜索活動を行います。



無人航空機ドローンの活用

ドローンは、捜索方法などにより小型、中型ドローンをご用意しています。


・赤外線カメラにより体温をサーチしての捜索
・拡声器100デシベル(救急車のサイレン音並みの音量) による呼びかけ
・山岳エリアを移動しながらの捜索
・4K映像を撮影して大型モニターでの解析
・薄暗い場所や時間帯はスポットライトを使用しての捜索



山を歩行しての捜索

2名〜3名を1チームとして、必要なチーム数にて遭難ポイントを
絞りながら山や谷や危険な岩場などを捜索



民間ヘリコプターでの捜索

日本国内のヘリコプターを所有する民間の航空会社6社との提携で現場の状況により
ヘリコプターによる捜索が最も有効である場合にはご提案させていただきます。
GACTでは民間の山岳用ヘリコプターに隊員が搭乗して上空からの捜索を行います。
※民間ヘリコプター使用の場合は、山岳保険加入の有無を確認して保証内での運行となります。



捜索費用について




捜索にかかる費用は、ご依頼いただく前に費用のお見積もりいたします。
緊急の場合は口頭にておよその費用をお伝えします。
捜索現場の状況や天候などにより、多少の費用は上下することをご了承願います。

捜索費用の目安
隊員費: 1名1日 40000円(移動日も含む)
宿泊待機費:1名1泊 12000円(山小屋やホテル代別途)
移動交通費:1台1km 65円(捜索活動中も含む)
ドローン使用:1日 小型機 60000円 中型赤外線機 90000円 (バッテリー準備含む)

捜索活動にかかる経費:宿泊費・有料道路料金・各種許可申請費などの実費
消費税:10%


※GACTチームの活動は営利目的ではなく公益事業ですので人件費+かかる経費以外の金額をご請求することはありません。 その他手数料やその他管理費などといった不明瞭な費用はありません。

※捜索活動終了後又は中間時点でかかった費用のご請求書を発行させていただきます。
※山岳保険などの加入の有無などご確認ください。




ご協力いただける企業・団体・行政機関・個人様

GACTの活動にご協力または連携していただける企業・団体・行政組織・個人様は
メールにてご連絡をお願い致します。

gact110@gmail.com
(担当:太田)



弊社は民間として山岳遭難・行方不明者の捜索・救助活動
または災害地での救援活動を行っています。

ご相談・お問い合わせ(日中のみ)

080-8911-5731

(担当:太田)

ご相談・捜索のご依頼はこちらから(24H受付)




ご家族が行方不明になられているという方は
ご相談だけ(無料)でも結構ですのでご連絡ください。
捜索方法や情報収集など、何かのお役に立てると思います。







gact110@gmail.com


山岳遭難捜索・赤外線ドローン・災害対応・救助用品研究開発・環境調査・AI捜索システム開発
山岳遭難捜索システム開発研究所
山岳遭難捜索チーム 岳飛(がくと)


山岳ドローン捜索隊 GACT COCOHELIココヘリ

公式COCOHELI捜索チーム

ヘリコプター捜索オペレーター・COCOHELI捜索専用ドローンオペレーター・地上捜索隊・警察消防救助隊との連携

PAGE TOP